鉄鋼メーカー

15年の製造経験
鋼鉄

11種類の金属仕上げ

タイプ 1:メッキ(または化成)皮膜

金属メッキは、亜鉛、ニッケル、クロム、カドミウムなどの別の金属の薄い層で基板の表面を覆うことにより、基板の表面を変えるプロセスです。

金属メッキは、コンポーネントの耐久性、表面摩擦、耐食性、美観を向上させることができます。ただし、めっき装置は金属表面の欠陥を除去するには理想的ではない場合があります。メッキには大きく分けて次の 2 種類があります。

タイプ 2:電気めっき

このメッキプロセスでは、金属イオンを含む浴にコンポーネントを浸漬してコーティングします。次に、直流が金属に供給され、金属上にイオンが堆積し、表面に新しい層が形成されます。

タイプ 3:無電解めっき

外部電力を必要としない自己触媒めっきのため、電気を使用しません。代わりに、金属コンポーネントを銅またはニッケルの溶液に浸し、金属イオンを分解して化学結合を形成するプロセスを開始します。

タイプ 4:陽極酸化処理

長期にわたる魅力的で耐食性のある陽極酸化仕上げの作成に貢献する電気化学的手順。この仕上げは、媒体に電流を流す前に金属を酸性電解質浴に浸すことによって適用されます。アルミニウムは陽極として機能し、陰極は陽極酸化タンク内に収容されます。

電解液から放出された酸素イオンはアルミニウム原子と混合し、ワークピースの表面に陽極酸化物を形成します。したがって、陽極酸化は、金属基板の高度に制御された酸化です。アルミニウム部品の仕上げに最もよく使用されますが、マグネシウムやチタンなどの非鉄金属にも効果的です。

タイプ 5:金属研削

研削盤は、研磨剤を使用して金属表面を滑らかにするために製造業者によって使用されます。これは機械加工プロセスの最終段階の 1 つであり、前のプロセスで金属に残った表面粗さを減少させるのに役立ちます。

利用可能な研削盤は数多くあり、それぞれが提供する平滑度は異なります。平面研削盤が最も一般的に使用される機械ですが、ブランチャード研削盤やセンタレス研削盤など、他にも多くの特殊研削盤が利用可能です。